Skip to content →

探求心の趣くままに仕事をし続けた結果

今日はどうも体調が悪く、午前中500文字程度の原稿を1本だけ書いて、午後からは寝て過ごした。
外が暗くなってから起きて、もう1本だけ原稿を書く。

体調が悪いと、仕事がちっとも進まない。
ライティングの仕事はとくに、集中力が少しでも欠けるとダメ。
体調の悪い時だけでなく、土日や祝日など子どもが家にいる時は割り切って休みにする。
もしくは、納期が近い時は夜中に仕事をする。その方が意外とはかどるのだ。

雑フリーランスの私は、

・webライター
・CADオペレーター
・住宅営業

の、3本立てで仕事をしている。

いろいろやっているわけだけど、建設・不動産業界以外の仕事は受けていないし、今後も受ける気はない。
「この業界が好きだから、関心があるから」というのが1番の理由だけど、1つの業界に特化することで専門性を出したい、狭く深く知識を養っていきたいというのもある。

1つの職種にしぼらないのは、この業界でライターとして仕事をしていく上で、現場を知っているということが有利に働くことがあるから。
知識も増えるし、業界のトレンドをリアルに知ることができる。

CADオペレーターを専門にするとなると、在宅ではなく常駐になる。
毎日決まった時間に出勤する仕事は、できれば避けたい(世間の人は当たり前にやっていることだけど…)。
かといって、在宅CADオペレーターも難しい。会社によって、CADの種類もいろいろだしね。すべて自分で導入するのは現実的とはいえない。
それに、昔、在宅でCADオペやってたこともあるけど、家にこもってひとりで図面を描いていると、ふとした拍子になんとも言えず気が滅入ってくる。
だから、CADの仕事はできるだけ外でしたいのだ。

営業もね、これはこれで大変なの。当たり前だけど。
基本的にコミュ障なので、毎日毎日人に会わなきゃならないというのが、すごくしんどい時がある。
だけど、営業は好き。だから、やめたくない。

そんなこんなで、1つの職種にしぼることができないまま、今に至る。というか、領域が増えていく。
実は、まだまだやりたいことがある。これからもっと増えるかな。
体がふたつあればいいのに。

そういえば、ウチの長男。
中学校で陸上部に所属しているんだけど…。
本人はもともと短距離をやりたかったらしいが、顧問のアドバイスもあって今年度から本格的に幅跳びの練習を始めた。
200メートルと幅跳びの2本立てでいくのかと思ったら、駅伝大会の候補にも名前が挙がっているとかで、最近は長距離の練習もしているらしい。
短距離と幅跳びは、まぁ、わかる。
でも、長距離ってどうなのよ…。
ここに至るまでは、長男も少年野球をやったり、ミニバスケをやったり、フットサルの試合に出してもらったり、それはいろんなことをやった。あ、あと空手。これは今でも一応続いてる。
親としては、何かひとつ「コレ!」というのを見つけてほしいと、ずっと思っていた。陸上部に入り、やっとガチモードに入ってくれたと思ったら、まさか競技選びで再び悪いクセが出ようとは。

…私に似たな。

さて、今から子どもたちの学習タイム。
毎週土日の夜の1時間、子どもたちを一部屋に集めて一緒に勉強するのだ。
その間、私はブログを書いたり、仕事をしたり。

今日は昼間仕事ができなかったから、今から原稿をもう1本だけ書くことにしよう。テーマは耐震等級ね。

Published in フリーランス主婦の日常

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です