Skip to content →

在宅フリーランスの隠れたデメリット「暇だと思われる」

シェアオフィスの見学に行ってきた。
空き家を改修してつくった施設で、1階がコワーキングスペースと会議室、2階がシェアオフィスになっている。
今年できたばかりの施設で、調べてみると運営者はちょっと知ってる人ではないか。
「ちょっと」というのがポイント。2回ほどお会いしただけで、そこまで親しい間柄ではない。
だけど、迷ってもいられないので、すぐに電話して空き状況を確認する。
最後にお会いしたのは、もう2年くらい前になるけど、

「お久しぶりです」

一応、向こうも覚えていてくださったようだ。

残念ながら、個室のシェアオフィスはすでに全室埋まっているという。
ブース席なら空いているというので、とりあえず見学させてもらうことにした。

これが、思っていたよりもよかった。
ブース席はやっぱりちょっと狭いし落ち着かないけど、基本的に自宅が仕事場で、来月からはほぼM建設会社の現場事務所に常駐になることを思えば、これで十分なのかもしれない。
ポストはあるし、屋号のプレートもつけてもらえるみたいだし。

家で仕事ができるってすごい便利だけど、やっぱりちょっと不都合なこともあるんだよね。
駐車場に車があると在宅だってバレちゃうから、よくわからない勧誘とかに結構邪魔される。実母にも邪魔される。
実家はすぐそばなんだけど、私が家にいると両親ともいまだに、

「今日は休みか」

と言ってくる。
よその会社で仕事している時や打合せに出かけている時だけじゃなくて、私の場合は家にいる時でも仕事しているのだと、今ひとつ理解してもらえない。
それは一緒に住んでいる家族にしても同じで、土日など、

「お母さん、今日は仕事しに行く?」

と聞かれて、

「家にいるよ」

と返事をすると、なぜか休みだと思われて、あそこへ連れていけ、ここへ連れて行けと足として使われる。
家にはいるけど仕事なんだってば。

で、近所の人からは当然、仕事してないと思われている(と思う)。
共働きが当たり前の田舎なだけに、「あそこの嫁さんは仕事もせずにフラフラしてる」と思われるのは、なんとなく肩身が狭い。

ライターの仕事は騒がしい場所ではできないので、ブース席とはいえ、どこか閉鎖的な雰囲気のシェアオフィスで仕事をするのはアリかもしれない。
納期が近い時とか、誰にも邪魔されたくない時なんかに利用してみるといいかもね。
コワーキングスペース特有のコミュニティ機能も、とくに求めていないし…。
と言いつつ、平日はほぼ毎日コワーキングスペースを利用しているという30代の女性ライターさんと知り合い、ちょっと仲良くなった。田舎なので、似たような境遇の人と出会う機会はなかなかないのだ。

「SNSとかやってます?」

と聞かれて、

「何もやってないんです」

と答えたら、

「どうやって仕事してるんですか!?」

と、驚かれた。
普通フリーランスの皆さんは、ツイッターとかFacebookを活用して受注につなげているらしい。
私の場合は、ほぼ制作会社と地元企業からの依頼だからね。SNSやってなくても、仕事に困ったことはない。

というわけで、来月からの契約をお願いしてきた。
シェアオフィスを運営しているのは建築会社の社長さんなので、そのうちCADの仕事なんかも来そうな雰囲気。
こういうリアルなお付き合いから、受注に発展することが多いのだ。

さて、屋号も決めたし、ホームページも作ったし、これで堂々と「仕事してます!」って言えるぞ。
今までは、自分の職業をどう説明していいかわからなくて、子どもに「お母さん、なんの仕事してるの?」って聞かれるたびに困っていた。
だから、あえて堅い感じの屋号にした。○○事務所、的な。職種もひと目でわかるように。
家族にホームページを見せて「事務所を開業したよ」と伝えておく。これで、子どもたちもこれからは「うちのお母さんは、○○事務所」って言えるし、一段落。

あ、もちろん、そのホームページが仕事を受注してくれることにも期待している。
しかも、地元の工務店とか不動産会社とか、あくまでも地域の方々からの受注を目的としたものだ。
webライターって、田舎では怪しげなイメージを持たれることも多いと思うんだよね。
だからこそ、お堅い屋号にこだわり、地元企業…しかも、それなりに知名度のある優良企業とのお付き合いにこだわるのだ。
この選択が、結果として仕事の安定と個人としての信用にもつながると考えている。

タイムリーなことに、今日、M建設会社の人事担当者から電話をもらった。
そろそろ契約を…とのことで、来週中にも訪問予定。

それにしても、昨日、今日は異様に眠かった。
昨日は日中かなり寝てしまったので、夜は頑張って仕事をしようと思っていたのに、あまりに眠くてイスの上で仮眠しているうち、朝を迎えてしまった。
そして、今日も一日ほぼ寝て過ごした。

普通、これだけ寝られる?
昼間寝たら、夜はなかなか寝付けないものだけど…

だけど、定期的にこういう時がある。
睡眠負債の返済中なのだと思って、割り切って寝るしかない。

仕事は気になるけど…

生理前も激しい睡魔に襲われて、仕事にならないことがよくある。
スケジュールを立てる時には生理のタイミングも考慮するようにしているけど、睡眠負債だけはいつ来るかわからない。

こういうこともあるし、仕事は詰め込みすぎないようにしないとね。

Published in フリーランス主婦の日常