Skip to content →

人と会って話すことの大切さ

おかげさまで、今月の仕事はほぼ終わり。
この時期から月末にかけてが、気持ちの上で少しのんびりできる時期だ。

プロセス変更によって、構成を作成する必要のなくなった例のメディア記事は、もともと5,000文字制限だったのが、事実上の文字数制限撤廃で1記事目は10,000文字。2記事目にいたっては15,000文字を超えた。時給換算すると1,200円とか1,300円だよ。アルバイトか。
納期も短い中、意識もうろうと、書いても書いても終わらない2記事目を作成しながら「次はもう断ろう」と心を決めていたのに、3記事目の構成が思いのほかあっさりしていて、むしろ今までより短い時間で作業を終えることができた。時給換算すると3,000円。
3つの記事にかかった時間と報酬を合算して時給換算すると、ちょうど1,500円…。

本音を言えば、時給換算して2,000円以下の仕事はしたくないんだけど、微妙に断りづらい数字でもある。
先方としても「試験的に」プロセスを変更しただけと言っていたし、もう1回だけ引き受けてみて、状況が改善する兆しがなければその次から断るか。

ただ、1つだけよかったことがあるとすれば、別のメディアの3,000~4,000文字の記事が妙に短く感じたこと。「え、もう終わり?」って感じ。
ただ、文字数は少ないから楽なんだけど、残念なことに単価が安いんだ、この仕事。時給換算すると、2,000円を超えることの方が少ない。
ただ、これも案件によるとしか言いようがないし、自分の集中力の問題もあるので、無下に「安いから断る!」とは言えない部分もある。

個人的には取材記事の方がよほど楽しいし割もいいので、こちらのクライアントをあと3社ほど増やしてもらって、メディア記事の仕事をきっぱりやめるという選択肢が最善なんだけど。

でも…やっぱり、もう少し様子を見よう。
あまりにも1社の仕事に偏りすぎるのも、長い目でみるときっとよくないし。
まぁ、私にはライター以外の仕事もあるから、1社に限定してもそれほど困ることはないだろうけど。
一応、直接受注の案件が増えるまではこのままでいようっと。

それにしても、最近またモチベーションが上がらない。
毎日、1時間仕事して2時間休んで、1時間半やって昼寝して、また30分だけ仕事して…という感じの細切れ仕事で、なんとかかんとか作業を進めているという状態だ。
逆に見方をすれば、忙しい忙しいと言いつつ結構余裕があるってことだよね? これでも一応回ってるんだから。
1日中バリバリ仕事できる人だったら、もっともっと仕事を入れて、もっともっと稼げるんだろうなぁ。
虚弱体質な自分が情けない。多分、年のせいもあると思うけど。

さて、明日は取材の日。
とっても楽しいクライアントさんなので、気分転換してこようっと。

ちなみに、今月はじめに打ち合わせのあったB建設会社のお客様。
概算見積もりが、なんとかお聞きしていた予算内で出てきたので、ほぼ決まりだろうと思って意気揚々と打ち合わせに出かけたというのに、現段階において話は停滞中。
リフォーム案件なんだけど、

「今のプランはすごくいいし気に入っている。ただ、できれば2階も全部直したい。この予算で難しいのはわかっているけれど…」

とのこと。欲が出てきちゃったんだな。
実際、リフォームは「どこまでやるか」によって金額が大きく左右される。できないものは、どう頑張ってもできない。
「もっと、もっと…」というお客様の気持ちは尊重したいけれど、お客様の予算が限られているのと同じように、建築会社としても“無い袖は振れない”のだ。

何度か電話でもお話しし、ご夫婦で再度話し合っていただいて、2~3日後に改めてお返事いただくことになった。
この感じだと、多分無理だろうな。もう何年もこの仕事をしているのに、お断りの電話にはちっとも慣れることがない。いつも落ち込む。

ライターの仕事と違って、営業の仕事は気分の上がり下がりが本当に激しい。
ただ、個人的にはひとり黙々とパソコンに向かう仕事より、仮に落ち込むことがあったとしても、営業の仕事の方が性に合っていると思う。
人と会って話す仕事って、すごくいろいろなことを吸収できるから。本やネットで調べるよりも、ずっとリアルで正確な情報が手に入る。
そりゃあ、ネットでリサーチして文章書くだけのライターさんには負ける気しないよね。

Published in フリーランス主婦の日常