コンテンツへスキップ →

岩崎由純さんのペップトーク

現場事務所の屋外鉄骨階段は、雨が降るとものすごく滑る。
今、通勤用に使っているのはペタンコのバレエシューズ。靴底は一応ザラっとはしているけど、濡れた鉄骨階段に耐えられるような仕様ではない。

「この階段は滑るから気を付けなきゃ、気を付けなきゃ、気を付けなきゃ…」

と、思いながらおそるおそる階段を下りる。

「ぎゃっ!」

滑り落ちる。3~4段くらい。
目の前に立っていた現場の若い男の子が、

「大丈夫ですか!」

と、慌て駆け寄ってくる。
普段あまり愛想のない子なんだけど、よほど驚いたのだろう。

「ごめんね、大丈夫!」

なぜか謝りながら、恥ずかしさを笑ってごまかす。
雨が降るたびにおそるおそる階段を下りていたんだけど、その動作がなんだかオバサンくさくてイヤだった。
しかも、そんなオバサンくさい階段の下り方をしていたにもかかわらず、滑り落ちた。
滑らない靴、買わなきゃ…。

ふと、数年前に見た講演を思い出した。
岩崎由純さんのペップトーク。
脳は、イメージしたことを実現するようになっているらしい。
だから、大会やコンテストの前には成功をイメージしなければならないのだと。
失敗することをイメージしたら、本当に失敗するのだそうだ。

滑ることを明確にイメージしてしまったのが、この日の私の敗因…。

岩崎由純さんの話、本当に面白かった。
語り口もやわらかくて、どんどん惹き込まれてしまう。
ついでにいうと、岩崎由純さんの顔も好き。

岩崎由純さんのペップトークを思い出したと同時に、ついつい本を購入。
アフィリエイトリンクですが、よろしければチェックしてみてください。
本当におすすめなので。


心に響くコミュニケーション ペップトーク

思えば、私がこうして個人事業主としてそれなりの結果を出すことができたのも、こうなることをつねにイメージしてきたから。
コミュ障でおとなしかった中学生の頃から、私は将来、自分で商売するんだと思ってた。
当時から、”個人事業主の始め方”みたいな本を愛読していたもんね(会社経営じゃなくて個人事業主ってところが、我ながら自分らしい)。

作家になりたいと思っていた、中学生時代。
建築設計士になりたいと思った、高校時代。
どっちもちょっと違ったけど、なんとなく近いところにはいると思う。

イメージするって大事よ。ぜひ、岩崎由純さんの本、買って読んでね。
子育て中の皆さんも。絶対ためになるから、ぜひアフィリエイトリンク踏んで買ってください。後悔はさせないから。私もまだ読んでないけど、絶対に読んで後悔はしないと思う。
だって、岩崎由純さんの講演がほんとによかったから。最後はボロボロ泣いちゃった。

ちなみに、階段滑り落ちた私の右足は今現在、赤紫色になってパンパンに腫れている。左の太もも(外側)も。
右の足首と左の太ももって、いったいどんな落ち方したんだ。
昨日は足が痛くてまともに歩くこともできなかったけど、今日はちょっとマシみたい。
あ、業務委託契約の個人事業主なので、労災とかいっさい関係ありません。すべて自己責任。
病院には行ってない。今週、整骨院の予約が入っているから、その時に診てもらうつもり。
昨日よりマシってことは、多分ひびは入ってないと思うんだ。

とりあえず、滑らない靴をネットで物色中。

ところで、私が愛用しているカレンダーアプリ”Lifebear”がアップデートしたらしい。
1日のタイムスケジュールとTODO、日記が1ページに表示されるのが気に入って使っていたのに、見え方が大幅に変わってしまって困惑している。

カレンダーの日付をクリックすると、画面下半分にTODO、タイムスケジュール、日記が順番に表示されるんだけど、行間が広くなったせいでめちゃくちゃスクロールしなきゃならない。
なんだか、すごく使い勝手悪くなって残念な感じ。前より重くなっちゃって、やたらフリーズするし。

もう、”Lifebear”いらないかも。今までのデータ、どうしてくれるんだ。
アプリ消して、PC版だけ継続するかな…。
でも、PC版は肝心な「今日やること」「過去の未完了タスク」の上に広告が表示されるんだよね。
有料版にすれば広告は消えるけど、すぐにフリーズする、使い勝手の悪いアプリを無視して、PC版のためだけにお金払うのか? と思うと、躊躇する。
実は以前、有料版使っていたんだけどね。アプリとPC版がうまく同期しなくて、データが全部飛んじゃって、無料版に戻したんだ。

それでも、アプリの”1ページ、1日分表示”が気に入っていたから、今まで使ってたけど。
もう、いいや。
今までのデータはあきらめて、ほかのスケジュールアプリ探そうっと。

あーあ。

カテゴリー: フリーランス主婦の日常