コンテンツへスキップ →

BNIの集会に参加したけど、入会はしなかった話

もう、数年前の話。
当時、私はフリーになったばかりで、さほど親しい間柄でもない知人から「こういう集まりがあるんだけど、参加してみない?」と誘われ、BNIの集会に出ることになった。
BNIという単語は一度も出ず、ただ早朝から集まる異業種交流会みたいなものと聞かされ、

「今流行りの朝活かぁ」

と、私は深く考えずに参加してみることにしたのですが…。

あ、BNIをご存じない方のために、BNIとは世界最大規模のビジネス・リファーラル組織(と、HPに書いてありました)。


朝6時だったか7時だったか、開始時間は忘れちゃったけど、雪のちらつく暗闇の中を会場へ向かったことは覚えている。
そして、会場の中へ足を踏み入れた瞬間、ものすごく後悔した。
盛大な拍手で迎えられる、私ともう1名の初参加者。
新興宗教やネットワークビジネス、自己啓発セミナーなんかの怪しげな匂いがプンプンする。
BNIでは、この初めて参加するお客さまを“ビジター”というらしい。で、紹介者が案内役としてビジターの隣の席に座り、あれこれ世話を焼いてくれる。

BNIの活動は、いわゆる「リファーラル・マーケティング」を主軸としたもので、簡単に説明すれば会員同士でどんどんサービスを利用しましょうね、お客さまを紹介しましょうね、というもの。
会が始まり全員が席に着くと、まず個々の60秒プレゼンと、その週のリファーラル件数の発表がある。
さすがに会員の皆さんは、プレゼンが上手。毎週同じプレゼンばっかりしているだけのことはある。
リファーラルの発表とは、ほかの会員に対してどれだけ仕事を融通したかを「内部1件、外部2件です!」などと、立ち上がって力強く述べる場だ。
内部というのは、自身が会員のサービスを直接利用した件数、外部というのは顧客を紹介した件数のこと。
リファーラル0件という人はいなかった。さすがだ。
だけど、全員がリファーラルを受けているのかどうかも大事だと思うな。
全員、受けたリファーラルの件数も発表したらどうだろう。

このリファーラルを毎週、この定例会にて発表しなければならないわけだ。
そんなことが可能なのか?
私の案内役に話を聞くと、「最悪の場合は、会員さんの店でタバコを買って済ませることもある」と言っていた。
そういえば、花屋さんもいたな。ガーベラ1輪だって、リファーラルだもんね。

このあと、名刺交換。
時間制限があるので全員は無理だが、12~13人くらいは名刺交換したかな。なかには、なかなか面白い仕事をしている人もいた。

会が終わると、受付の片隅に呼ばれる。
このグループのツートップに挟まれ、「一緒にやろうよ!」と入会を促される。
私は、これよりずっと前の時点ですでに心を決めていた。

「絶対に入会してたまるか」

と。

そもそも、朝6時だか7時だか忘れたけど、早朝からの定例会が毎週だよ。
3回までは欠席できるらしい。3回を超えると、代理を出さなければならないらしい。
この規約に反すると、除名処分だ。しかも、最初に支払った会費は返ってこない。
年会費、12万円だよ。
そもそもこの会費、何に使われてるの?

少し前に、ボブ・バーグの『秘・人脈活用術』という本を読んだところだったので、

「ああ、あれを組織化したようなものだな」

ということは、ひとまず理解できた。
秘・人脈活用術』では、出会って10分で相手にどのような質問を投げかけるべきかを教えている。
BNIのこのチャプターでも、優秀な会員はそれがちゃんとできていた。そこは、素直に評価したいと思う。
残念なのは、本来ネットワークはどんどん広げていくべきものなのに、BNIではそのチャプターという狭い範囲内にしかネットワークが広がっていかないこと。

もちろん、あの場でそんなことは言えないが、

「え? この中でしか紹介し合えないの?」

というのが、本音。
同じ商売している人を紹介するにしても、自分でサービスを利用するにしても、選択肢がこれしかないというのはいかがなものか。

結局、入会はやんわりとお断りした。
結構、食い下がってきたけどね。トップの女性。
営業職の女性だったので、勧誘には自信あったんだろうけど、私も営業なので手の内は全部お見通し。

「私はつねにこれを持ち歩いて、なにか困っている人がいたら、これを広げて誰かを紹介したりしてるの」

と、彼女は得意げに分厚い名刺ファイルを広げて見せてくれた。でも、仕事の資料やPCもあるし、そんな荷物になるもの四六時中持ち歩けない。そもそも、その名刺ファイルの中に「本当に紹介する価値のある人」「本当に紹介する価値のあるサービス」が、どれだけあるの?
それって“人脈”じゃなくて、“しがらみ”っていうんじゃないの?

そうはいっても、BNIに対する不安要素を口にすれば、話が長くなることは目に見えている。

「朝はちゃんと朝ご飯をつくって、子どもたちを学校へ送り出してあげたいので、毎週毎週、早朝から家を空けることはできません」

これで押し通した。

そもそも、毎週毎週リファーラル稼ぐのに奔走するくらいなら、自分の仕事を獲得することに奔走した方がいいと、心底思う。
能力があって真面目にやっていれば、紹介なんて自然とついてくるからね。

ちなみに、入会はしなかったけど、そのトップの女性とはその後もう一度お会いした。
私の方は、仕事を紹介してもらおうなどとは端から思っていなかったけど、彼女の目的は明確に2つだけ。

・私を使ってリファーラルすること
・私から仕事をもらうこと

それがあまりに見え見えだったので、彼女がどや顔で本格的なプレゼンに入った瞬間、話の腰を折ってあげた。
意地悪じゃないよ。それまでの雑談の内容から、彼女には私が求める仕事はできないとわかっただけの話。これ以上、話を聞く価値はないと思ったの。
彼女が狙っていたポジションには、当時すでに別の人がいた。その人のことを私はすごく信頼していたし、彼がいることで、私の仕事の成約率も上がる。
だから、彼以上の何かがなければ、彼女に仕事を振る理由はないのだ。

ちなみに今現在、私はBNIで知り合った方のサービスを、毎月お金払って利用しています。
この間は、その方のリファーラルとして別の会員さんのお店で10万円くらいの買い物をしました。
ほかにも、BNIで名刺交換した方の名刺を私のお客さまに渡しておいたので、いずれ問い合わせがあるでしょう。結構、悪くない話だと思う。

入会はしなかったけど、きっとそちらのチャプターの会員さま方より、よっぽどいい仕事してると思うな、私。
ちなみに、見返りは求めていません。BNIの会員にとって、外の人間はリファーラルとして利用するためのものであって、仕事を紹介する対象じゃないからね。

以上、BNIってそんな団体です。
BNIで嬉々として活動している方とは、ちょっとお友達になれないなと思う。

PR:秘・人脈活用術(ボブ・バーグ)

カテゴリー: フリーランス主婦の日常