Skip to content →

新年あけましておめでとうございます

フリーランスの皆さま、2021年もお仕事がんばりましょう。

ところで、フリーランスの方々はクライアントに年賀状を出しているのだろうか。
私はまったく出さない。
職種にもよるのかもしれないけど、私の場合は年賀状の有無が仕事の有無につながることはまったくないので。
年が明けて、仕事で顔を合わせた時にきちんと挨拶すればいいし。
…と、思ってる。

そもそも、ここ数年でプライベートな年賀状ですら出さなくなった。来た人に返す程度。
昨年までは、郵便局員の友人から毎年100枚くらい年賀状を買っていたんだけど(お付き合いを兼ねて)、毎年かなりの枚数余ってしまうので、今年はさすがに後ろ髪を引かれつつ半分に減らした。

来た人に返すだけなら出来合いの年賀状でもいいのかもしれないけど、一応、手作りにこだわっている。
去年までは家族や猫の写真を入れた年賀状を作っていたけど、今年は趣旨を変えて手描きのイラストを入れてみた。
そう、今年はイラストにも挑戦していきたいと思ってる。
もともと絵を描くのが好きで、中高時代はずっと手描きイラストの年賀状だった。
久しぶりに描いたイラストはお世辞にもうまいとは言えないけど、まぁいいや。
今回は紙にペンで描いたイラストをパソコンに取り込んで、簡単に色付けしただけだけど、タブレットでお絵描きから色付けまで全部できるようになりたいな。
頑張って練習しようっと。

ちなみに、フリーランスってどうしても仕事と休みの境界線が曖昧になりがちなので、年末年始は割り切って休むつもりでいた。
仕事始めは4日と決めて。

でも、休んでもべつにすることないんだよね。
親戚付き合いもそんなにないし、子どもたちも好き勝手してるし。
おせちは栗きんとん、黒まめ、伊達巻きだけは31日に作っておいたけど、どうしても食べたくなって(暇だし)紅白なますとナッツ入りの田作りを追加。
この私が、まさか正月早々から料理をすることになるなんて。正月は何もしたくないから、毎年おせち作ってるのに。
おいしかったけど。

元旦の昼はぜんざい。夜はおせち。
2日の昼はおせちの残り。夜は夫が雑煮を作ってくれた。
この地域の雑煮は口に合わないからと、毎年夫が自分の出身地の雑煮を作るのだ。
私も夫の出身地の雑煮の方が好きなので、異論はない。
3日の昼は雑煮の汁でうどん。夜は私の両親を誘って外食。

こうして正月三が日は、ほとんど料理をすることなく終了。

あまりにも暇なので、年明け早々マネーフォワードを開いて2020年分の振り替え伝票を入力することにした。
結局、2020年もコツコツ伝票入力することなく、終わってしまったな。毎年、あんなに反省してるのに。
確定申告の期限ギリギリになって慌てないよう、少しでも作業を進めておかなければ。

とりあえず、売上だけ先に入力しておくことにする。
2020年は結構稼いだよね、年収どれくらいになるかな?
と、1年分の売上をすべて入力し、ワクワクしながら損益計算書を開く。

え…これだけ?

思ったよりも少ない。260万円だって。

…でも、そうか。
今現在、私の収入の柱となっている取材ライティングの案件は、ちょうど1年前に最初の仕事を受けて、それから徐々に件数を増やしていったから、前半の収入はそれほど多くないのか。
受注してから、入金までのタイムラグもあるしね。

あと、派遣で現場のCADオペしていた時の給与は、この中には入っていない。それを含めると、年収350万円くらいかな?

そう考えたら、まぁ去年はこんなもんだよね。
今年はもっと頑張ろうっと!

とりあえず売上だけ…と思ってPCの前に座ったら、勢いづいて経費の入力も半分くらい終わってしまった。
この調子なら、今年は確定申告の直前になって慌てる心配なさそう。

Published in フリーランス主婦の日常